玉成保育園・小光子愛育園の物語

昔々、とはいっても昭和初期 内村鑑三先生の教えを受た佐竹音二郎という方がおりました。その次にその教えを受けた兵吉じいさんがおりました。とても貧しい人でしたが社会の為になる仕事として福祉の道を歩み始めました。それは、それは大変だったそうです。横須賀の町に沢山の託児所を設立しましたが、その頃は国の援助もなく,軌道にのせる事は困難をきわめましたが、でも頑固者のおじいさんは、頑張り、戦争が終わって2つしか園は残りません。新しい世界に向かって動き始めました。礎をつくると時を同じくして天に召され、その子、正明じいさんにその心は引き継がれていきました。正明じいさんは持ち前の円満さで組織の充実に力を注ぎ、託児所から保育園らしい考えを確立していきました。時間は止まってはくれません。正明じいさんも天に召され、今に引き継がれていきました。それぞれの生き方には違いがありましたが、思想は同じでした。原点は地域の人々が幸せである事。




私たちの願い

乳幼児の時はとても大切な時期です。家庭も園も地域も皆で力を合わせて大切な子供達を育てていきたいと思います。保育園は全力で家庭をサポートし心と心の繋がりを何時も大切にし優しさあふれる園であることを願い、正確な情報を地域に提供したいと考えます。ホームページはとても有効な場であり、双方が対等な立場で情報を得る事が出来ます。夫々の思いを確り受け止め実行していければ又新たな保育園が生まれていく事でしょう。幸せを求めて。

 

 
 



TOP小光子愛育園玉成保育園きらきら星苦情の窓口雑貨屋さん